モバイル
qrcode

スポンサーサイト

2015.01.23 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | top↑

宮内庁のWEBサイトを作ろう

2006.11.15 Wednesday 20:47
有志による「宮内庁のWEBサイトを作ろう」と言うプロジェクトがあったんですね。
そこはかと無く古びた感じが漂う現宮内庁のWEBサイト…。確かにどうにかして欲しいとは思います、私も。

ブログのようなCMSツールを導入すれば、もっと担当者も更新が楽になるのでは無いでしょうか。個人ですらブログを導入する人が少なくないこのご時世、あちこち手動で作られている様子は涙を誘います。

ちなみにこちらのプロジェクトの方は、2005年9月以降投稿が無いようで、残念です・・・。
デザイン・ユーザ&アクセシビリティに優れた宮内庁WEBサイト、ぜひ見たい!

■宮内庁のWEBサイトを作ろう wiki
http://kunai.moedic.net/?FrontPage

宮内庁のWEBサイトを作ろう

| comments(0) | trackbacks(0) | 未分類 | top↑

皇室のお宝映像:第2日本テレビ

2006.11.12 Sunday 19:05
日テレ関連のホームページで、皇室関係の古い動画が見られるライブラリがあります。
会員登録は必要になりますが、一旦登録してしまえば無料で視聴できますよ。
http://www.dai2ntv.jp

皇室関連の映像コーナーは、ちょっと行き方が難しいのですが、
http://www.dai2ntv.jp
へアクセスし、画面左側に表示される「キーワード一覧」(黄色いタブ)をクリック、「ジャンルで探す」の下に並ぶ「ニュース&スポーツ&ライブラリー」をクリック。今度は右側の方にUFOのイラストがついた「タイムマシーン屋」と言うメニューが表示されるので、クリック。
UFOの絵が大きくなり、今度は3つのメニューが出てくるので、一番左の「スポーツなどジャンルを選んでいく」の緑の円内で、「ジャンルを選択」ボタンをクリックし「皇室」を選択してから「GO」ボタンをクリックします。


↓簡単なアクセス方法を見つけました。(皇室コーナー限定)

http://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/special_R/special_R/
こちらのページの左下、「第2日本テレビ【タイムマシーン屋】へGO! 」からアクセスするのが、皇室コーナーへの近道のようです。

  ※会員登録をお忘れなく♪

1959年の映像なんかがあったり、現天皇皇后両陛下の結婚式の時も映像もあって、貴重です!もちろん昭和天皇のお姿も・・・。

1976年1月の「新春の天皇御一家」を拝見しましたが、このときは昭和天皇陛下、皇后陛下、皇太子殿下(現天皇陛下)、皇太子妃殿下(現皇后陛下)、浩宮様、礼宮様、紀宮様に加えて、常陸宮親王殿下と妃殿下もご一緒でした。

後で時間が出来たらまたじっくり見に行ってきます!

| comments(0) | trackbacks(0) | 未分類 | top↑

女性週刊誌の暴挙

2006.10.19 Thursday 14:47
週刊女性 10月31日号
2006年10月17日発売号の見出しより。

新たな皇室危機!お世継ぎ問題が
「愛子さま・悠仁さま問題」になる


http://www.shufu.co.jp/CGI/magazine/data_out.cgi?syori=woman

この見出しが気になり、ちらっと読んできましたが・・・。
「愛子さま・悠仁さま問題」になるはずありません。おかしいです、この記事。
なぜなら、悠仁さまは現時点で皇位継承権がありますが、愛子さまには無いからです。
問題に載せることすら間違っていると思います。

この先、論じなければならないのは、悠仁さまの後どうするか?と言うことのみのはずです。

さっと見出しだけ見たときは、人気の対立構図みたいな話かな?と思ったのですが、よく見るとしっかりと「お世継ぎ問題」と書いてありますよね。
お世継ぎってのは、この場合皇位継承のことと捉えて宜しいですよね?

公のメディアで、このような見出しを掲載すると言うことは、私が自ブログでちまちまと書き綴るようなものとは、世の中に対する影響力ははるかに違います。
今現在、悠仁さまの存在があると言うのに・・・はっきり申し上げて、「不敬罪」だと思います。よく恥ずかしくなくこんな記事を書けますね。

むしろ日本のメディアであるのならば、無知な、72%もいる(らしい)愛子さま派(女性天皇容認派らしいです。毎日新聞のアンケートと言うことでした。)に、なぜ男系男子・万世一系を守ることが大切なのか等を教えて差し上げたらいかがでしょうか?そもそもその中の大多数は「女性天皇」と「女系天皇」の区別すらついていない方々なのでしょうから。

週刊女性に限らず、こんないい加減なことを掲載するのは、どこのメディアも二度とやめて欲しいと思います。
日本人としての誇りは無いんでしょうか?

と女性週刊誌に吼えてみても無駄か・・・。

このように女性天皇容認を後押しするかのような記事が堂々と、数万部も販売部数がある雑誌に掲載されてしまうのも、ある意味小泉前首相の功罪ですよね。
皇室典範改正とか有識者会議で「女性天皇容認」とか、わけわからんことするから・・・!!ああ、忌々しい・・・。

| comments(0) | trackbacks(0) | 未分類 | top↑

霞会館

2006.10.16 Monday 12:00
皇室・皇族について知ろう!
「霞会館」
http://www.disclo-koeki.org/02a/00286/

Wikipediaより「霞会館」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%9E%E4%BC%9A%E9%A4%A8

「東ブログブルク公国」さまのブログに、大変わかりやすい解説が掲載されております。
かつて日本にも華族制度が存在し、大東亜戦争敗戦により消滅した。
しかし、戦後も元華族で構成する会員組織がある。

その名は「霞会(社団法人霞会館)」。

明治時代、華族の親睦団体として発足した華族会館に端を発する。
昭和22年5月3日に新憲法が施行され、明治2年以来80年に及んだ華族制度は
消滅し、貴族院も廃止されたが、会館は社団法人霞会館と改称して存続した。

<霞会館の会員>
・現皇族(名誉会員)
・元皇族(臣籍降下した元宮家)
・元王公族
・元華族(公、侯、伯、子、男)の当主とその成年に達した長男(嫡男)

現在の所在地は、霞ヶ関ビルの最上階。
霞会館は、会員の結婚式、披露宴、法事、会食、各種稽古ごとなどに使われており、
会員の家族も会館を使用することを許されているとのこと。

あと、華族の中でも

旧華族:公卿と大名の旧支配階級
新華族:明治維新の活躍で取り立てられた家

という区分があるそうです。


マメ知識でした。

| comments(0) | trackbacks(1) | 未分類 | top↑

易の部屋より:占いに見る皇室

2006.09.01 Friday 21:30
ジョー・マジャール「易の部屋」より。

雅子さま、紀子さまのご出産に関して、男女どちらかを占っています。
どちらも当たりでした。

■2001年 9月24日 雅子妃の出産やいかに
http://www.josephandleon.co.jp/joe/eki-goshussan-seiji.html

■2006年 8月25日 秋篠宮家に男子は誕生するのかを占う。
http://www.josephandleon.co.jp/joe/eki-kikohi-seiji.html

| comments(0) | trackbacks(0) | 未分類 | top↑
<< | 2/2P |