モバイル
qrcode

スポンサーサイト

2015.01.23 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | top↑

三笠宮さまが白内障手術へ=聖路加病院に入院

2010.03.17 Wednesday 06:20
三笠宮殿下が、左眼の白内障手術を受けられるため、聖路加国際病院に入院されました。
94歳とご長命な長老殿下!1日も早いご回復を祈っております。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100316-00000065-jij-soci
Yahooニュースより
三笠宮さまが白内障手術へ=聖路加病院に入院

3月16日11時11分配信 時事通信
 宮内庁は16日、三笠宮さま(94)が左眼の白内障手術を受けるため同日午前、東京都中央区の聖路加国際病院に入院されたと発表した。17日に手術を受け、18日に退院する予定。
 同庁によると、三笠宮さまは医師に両眼が白内障と診断されたが、特に視力が落ちている左眼をまず手術することになった。左眼の回復具合をみて、右眼も手術する方向という。 

最終更新:3月16日12時10分 時事通信




| comments(0) | trackbacks(0) | 皇室典範関連 | top↑

安倍首相、女系天皇容認白紙へ 典範改正視野に議論

2007.01.03 Wednesday 23:13
女系天皇容認白紙だそうで、やっと政府からはっきりとした見解が出て新年早々ホッとしました。
が、しかしもっぱら「短命」では無いかと言う噂の安倍政権・・・首相交代となった際にまた覆されないとも限りません。
今のところ悠仁様の代までは跡継ぎの心配は無い訳ですから、安倍政権以降も血迷う判断をされないことを強く希望いたします。

(紀子さまのご解任がニュースになった日、そのことを耳打ちされた小泉首相の驚いた顔は忘れられません!!)

それにしても、宮内庁長官からして、こんな有様ですからね。本当に油断ならない昨今です。
我々が手に入れられる情報は限られてはおりますが、羽毛田長官に関する言動については、今後も絶対に要チェックです。

http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070103/shs070103000.htm
産経Webより
安倍首相、女系天皇容認白紙へ 典範改正視野に議論

 安倍晋三首相は、政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)が平成17年にまとめた、象徴天皇制の維持を目的に女系皇族にも皇位継承権を認めるとの内容の報告書を白紙に戻す方針を決めた。秋篠宮家に悠仁(ひさひと)さまが皇室の約40年ぶりの男子として誕生され、報告書の前提条件が変わったと判断した。ただ、皇位の安定的継承は依然、課題として残っており、男系による皇位継承維持の方策について、皇室典範改正や特別措置法制定を視野に、政府部内で議論を始める。

 男系継承は、125代の現天皇陛下まで一度の例外もなく続いており、現行の皇室典範も、1条で「皇位は男系の男子が継承する」と定めている。しかし、平成17年11月に、首相の私的諮問機関である有識者会議が父方ではなく母方の系統に天皇をもつ女系天皇をも容認する報告書をまとめた。これをもとに、政府は皇室典範改正案を国会に提出する方針だったが、昨年2月の秋篠宮妃紀子さまのご懐妊により国会提出が見送られた経緯がある。

 これに関連、安倍首相は官房長官時代の昨年9月、フジテレビの番組で有識者会議の報告書について、「ずっと男系で来た伝統をすぐ変えるかどうか、慎重になるのは当然ではないか」と発言していた。男系維持の方法としては、昭和22年に連合国軍総司令部(GHQ)の意向で皇籍離脱した旧宮家の皇籍復帰や、現在の宮家の継承などを挙げていた。

 ただ、皇室典範では、旧皇族の皇籍復帰や、皇族が養子をとることは認めていない。皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ皇位継承権3位の悠仁さまのご誕生で、現行法下でも当面の皇室存続のめどはついたものの、将来にわたって安定的な皇位継承が確保されたわけではなく、何らかの法改正が求められていた。

 このため、首相は、昨年9月の官房長官としての記者会見では、「皇位の安定的な継承のためには、皇室典範の見直しを含めた検討が必要だと考えている」と指摘。また、下村博文官房副長官も9月に、悠仁さまのご誕生を祝う集会で、政府として「新たな法律改正をどう考えていくのか、大切な時期だ」と表明していた。

 ただ、女系継承容認を打ち出した有識者会議は現在、形式的にまだ存続している。このため、首相は有識者会議のメンバー入れ替えや改廃についても検討する考えだ。

(2007/01/03 06:38)

| comments(0) | trackbacks(0) | 皇室典範関連 | top↑

官邸が狙う 「女系天皇」 を陛下が憂慮

2006.12.25 Monday 12:46
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0602/060206-9.html

(平成18年02月06日)
官邸が狙う 「女系天皇」 を陛下が憂慮
投稿者: 匿名

私は宮内庁に勤務する職員、すなはち内閣府事務官であります。

このところ、皇室典範改正の是非についての意見が政治家から相次いでいますが、宮内庁内において極めて憂慮すべき事態が起きております。

内部告発のような形となることの非礼は承知しておりますが、迷いに迷った末、敢えて文書にしました。 匿名でなければ申し上げられない状況にあることもお察しください。

宮内庁では、女性天皇及び女系天皇を認める皇室典範改正がいかにも當然の流れというような雰囲気が漂っていますが、決して宮内庁内部が一枚岩ということではありません。

昨年末も、ある者が内部の会合で、小泉首相をトップとする現在の官邸主導の動きを暗に批判したところ、羽毛田長官が別席で厳しく叱責するという事態が起きました。

また、長官の直属の幹部は 「陛下に迷惑をかけることになるぞ」 と半ば強迫めいた言動でこれを撤回せよと迫りました。 この人物は4月人事で左遷させられるのではないかと見られています。

しかし、現在の動きに疑問を持っているのは少数ではありません。 いわば官邸 = 羽毛田長官という密接な連携の中で、まっとうな意見が言論封殺されている状況です。

しかも、 「これは陛下のご意思である」 というような正に偽装された 「事実」 が、今日の流れを作り出しています。 侍従職の関係者に聴いても、決して両陛下は、政府が提出しようとしている改正案に賛成されているというわけではありません。

陛下は、 「国民の声をよく訊いて、人々が望むならそれでいい」 「よく研究して、なるべく早く結論を出すのが望ましい」 とは話されていますが、それ以上の発言は一切ありません。

官邸 = 羽毛田長官は、陛下が仰せの 「国民の声」 を 「内閣府の世論調査」 の結果に依拠し、 「なるべく早く」 を 「国民的人気のある小泉政権の手で」 と都合よく解釈しているにすぎません。

従って、宮内庁の慎重派の意見は、羽毛田長官からは陛下には一切報告されておらず、官邸サイドの情報だけが上奏されているのが実情です。

現に、陛下は側近に対して、 「政治家はあまり歴史を知りませんからね」 とか、有識者会議のメンバーについても 「政治家が選んだのでしょう?」 と尋ねておられます。

これだけでも、現在、陛下がどういう状況に置かれているかがわかると思います。 寛仁殿下の各種マスコミでのご発言についても、陛下は決して怒ってはおられません。 むしろ、女系容認が既成事実化していることを憂慮しておられ、政治家の横暴を糾す援軍と考えておられるようです。

ただ、皇族が政治的な発言をすることを憂慮されているだけであって、これを逆手に羽毛田長官らは、寛仁殿下のご発言について、宮務課や宮内庁幹部ばかりか新聞記者に対しても 「あんなのは無視すればいいんです」 と極めて不敬な発言を繰り返しています。

先日の週刊新潮 (2月9日号) に、自民党の武部幹事長が、典範改正の内容について 「陛下の意思」 とし、ある皇族をご落胤だと発言したことが記事になっていましたが、この記事は翌日、側近から陛下のお手元に届けられています。

これに慌てた羽毛田長官が、これを否定する (武部さんは言ってないとの) ご説明をしたようですが、なぜ自民党の幹事長の発言の是非を宮内庁トップが説明する必要があるのでしょう。

官邸からの指示としか考えられません。 武部幹事長は1月中旬、宮内庁OBに対し、法案提出に関して、 「細田さん (前官房長官) が言っていたが、陛下は容体がよくないらしい。 とにかくいそがなくちゃならんよ。 内容なんかどうでもいんだ」 とまで言っています。

こうした不敬極まりない虚偽の事実を根拠にした発言が平然となされていることは恐ろしいことです。

どうか、拙速な結論を出して禍根を残さないよう、良識ある国民の皆さま、政治家の方々のご尽力をお願いいたします。

平成18年2月 宮内庁内閣府事務官


| comments(2) | trackbacks(0) | 皇室典範関連 | top↑

秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さま、東京・港区の愛育病院で予防接種受けられる

2006.12.20 Wednesday 15:16
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20061220/20061220-00000385-fnn-soci.html
Yahooニュース!(フジテレビ系)より
秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さま、東京・港区の愛育病院で予防接種受けられる

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまは20日、東京・港区の愛育病院で予防接種を受けられた。
悠仁さまは、20日午前8時すぎ、紀子さまの腕に抱かれ、愛育病院に到着された。
2006年9月15日の退院以来、初めて愛育病院を訪れた悠仁さまは、結核予防のためのBCGの予防接種を受け、午前9時前に病院をあとにされた。
悠仁さまは、健やかに成長されていて、12月13日にお住まいの秋篠宮邸で3カ月健診を受け、翌日には、御所で天皇ご一家の新年用映像の撮影に臨まれた。

[20日13時27分更新]

悠仁様、予防接種ですか!!
BCGだと注射するから、ちくっとされて泣いたかな?どうでしょう。
3ヶ月ぐらいの赤ちゃんだと逆に平気な子は平気ですよね。

日テレの方には首も座られたと言う記事がありました。
http://www.news24.jp/73656.html
悠仁さま、初めての予防接種受けられる<12/20 13:17>

 秋篠宮家の長男・悠仁さまが20日、初めての注射を受けられた。
 悠仁さまは20日、紀子さまに連れ添われて東京・港区の愛育病院を訪れ、2階の部屋で3か月健診の予防接種を受けられた。悠仁さまは順調に成長されていて、首も据わるようになってきているという。

 天気のいい日には、ベビーカーに乗って紀子さまと一緒に赤坂御用地内を散策されている。


いずれにしても、健やかに元気にお育ちになっているご様子。良かったです。
赤坂御用地の緑の中でお散歩は気持ちいいでしょうね。(ちょっと寒いけど…)

続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 皇室典範関連 | top↑

中華的生活「多少銭?」さんより皇室典範改正問題について

2006.10.04 Wednesday 21:30
悠仁さま誕生で、だいぶおとなしくなるかと思った女帝論者ですが、まだまだ「愛子さまを天皇に!」キャンペーンを張っているところもあるようで。
なぜ、同世代に皇位継承権を持った男児がいると言うのに、「愛子さまを」って話になるのか甚だ疑問です。
悠仁さまの次の世代のことを考えるならまだしも。

愛子さまが仮に天皇職についたとしたら、こんなに大変でしょうってお話です。
女帝(女系)論を(特に「愛子さまを天皇に!」とかほざいている方々)ぶちかましている方達、あるいは「愛子さまでもいいじゃ〜ん、かわいいし。男女平等の世の中なんだから!」と気軽に言ってる方々にもぜひ読んで頂きたいです。

http://chinalifecost.seesaa.net/article/13185461.html


続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 皇室典範関連 | top↑
 | 1/2P | >>