モバイル
qrcode

スポンサーサイト

2015.01.23 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | top↑

皇室の祭事

2006.12.12 Tuesday 07:10
皇室の祭事(宮中祭祀)は年間23回行われますが、12月〜1月にかけては特に宮中祭祀が集中しております。

12月中旬 賢所御神楽
12月23日 天長祭
12月25日 大正天皇祭
12月31日 節折
     大祓
1月1日 西方拝
    歳旦祭
1月3日 元始祭
1月4日 奏事始
1月7日 昭和天皇祭
1月30日 孝明天皇例祭

と続きます。
この間に、天皇誕生日祝賀、一般参賀、歌会始め等年末年始の行事が挟まってくる訳ですから、天皇家の皆様がこの時期いかにご多忙な日々をお過ごしになるか分かるかと思います。



| comments(0) | trackbacks(0) | 資料 | top↑

皇室の馬車

2006.12.06 Wednesday 20:32
皇室に馬車があることは、ご存知の方も多いと思います。
特別な儀式以外で公に登場することは稀ですが、実は「新任状捧呈式」で使われていることをご存知でしたか?

新任の外国特権大使・公使が、本国を代表して天皇陛下に本国からの信任状を提出する儀式が「新任状捧呈式」なのですが、この時出席する大使は夫人・書記官などとともに宮内庁が用意した自動車または馬車で、東京駅から宮殿までの1.8キロメートルの道のりを送迎されます。
大使たちのほとんどが、馬車をリクエストされるそうで、新任大使の送迎に馬車を使用している国は、イギリス、スペイン他数カ国しか無いのだそうです。




皇宮警察の騎馬隊ってカッコイイですよね。
以前皇居の近くを通ったときに、たまたま女性の騎士(と言うのかな?)を見かけました。颯爽としてて素敵でしたよ。
ちなみに、採用情報はこちらです。
http://www.npa.go.jp/kougu/saiyou.htm

・参考文献:
日本人なら知っておきたい皇室

| comments(0) | trackbacks(0) | 資料 | top↑

皇族の方々の総裁職

2006.12.04 Monday 16:11
皇室の方々は、いろんな会の名誉総裁なんかを勤められているのですが、一度一覧にしたいと思っておりましたので、調べてみました。

久子殿下の役職が非常に多いのは、故高円宮殿下から引き継いだものが多くあるからでしょうね。

宮内庁ホームページより(2006年12月現在)

■皇后陛下
日本赤十字社 名誉総裁

■皇太子殿下
日本赤十字社 名誉副総裁

■皇太子妃殿下
日本赤十字社 名誉副総裁

■文仁親王殿下(秋篠宮)
(財) 山階鳥類研究所 総裁
(社) 日本動物園水族館協会 総裁
御寺泉涌寺を護る会 総裁
(財) 世界自然保護基金ジャパン 名誉総裁
(財) 日本テニス協会 名誉総裁
日蘭協会 名誉総裁
特定非営利活動法人 全日本愛瓢会 名誉総裁
サイアム・ソサエティー 名誉副総裁
日本水大賞委員会 名誉総裁
総合研究大学院大学葉山高等研究センター 特任研究員

■文仁親王妃紀子殿下
(財) 結核予防会 総裁
日本赤十字社 名誉副総裁

■正仁親王殿下(常陸宮)
皇室会議 予備議員
(財) 日本鳥類保護連盟 総裁
(社福) 日本肢体不自由児協会 総裁
(社) 発明協会 総裁
日本丁抹(デンマーク)協会 総裁
(財) 大日本蚕糸会 総裁
(財) 日本障害者リハビリテーション協会 総裁
(財) 日本美術協会 総裁
(財) 日本バスケットボール協会 総裁
(財) 東京動物園協会 総裁
日仏協会 総裁
(財) 日仏会館 総裁
日本瑞典(スウェーデン)協会 名誉総裁
日本ベルギー協会 名誉総裁
(財) 癌研究会 名誉総裁
日本赤十字社 名誉副総裁

■正仁親王妃華子殿下
皇室会議 予備議員
(財) 日本いけばな芸術協会 名誉総裁
(社) 日本動物福祉協会 名誉総裁
(社) 日本馬術連盟 名誉総裁
(社) 日本・ラテンアメリカ婦人協会 名誉総裁
日本赤十字社 名誉副総裁

■崇仁親王殿下(三笠宮)
皇室会議 議員
(財) 中近東文化センター 名誉総裁
(財)日本ワックスマン財団 名誉総裁
日本・スリランカ協会 名誉総裁
日本・トルコ協会 名誉総裁
(社) 出版文化国際交流会 名誉会長
日本赤十字社 名誉副総裁

■崇仁親王妃百合子殿下
皇室会議 議員
(社福) 恩賜財団母子愛育会 総裁
(財) 民族衣裳文化普及協会 名誉総裁
中宮寺奉賛会 名誉総裁
日本赤十字社 名誉副総裁

■鄂痢覆箸發劼函某堂ε族
(社福) 友愛十字会 総裁
(社福) ありのまま舎 総裁
(社福) 恩賜財団済生会 総裁
(財) 新技術開発財団 総裁
(財) 高松宮妃癌研究基金 総裁
(社) 日本ビリヤード協会 総裁
(社) 日本職業スキー教師協会 総裁
日本学生氷上競技連盟 総裁
(財) 日本ラグビーフットボール協会 名誉総裁
日英協会 名誉総裁
日本ノルウェー協会 名誉総裁

■鄂痢覆箸發劼函某堂θ淇子殿下
(社) 東京慈恵会 総裁
(財) 日本ばら会 名誉総裁
日本赤十字社 名誉副総裁

■宜仁親王殿下(桂宮)
(社) 日・豪・ニュージーランド協会 総裁
(社) 大日本農会 総裁
(社) 大日本山林会 総裁
(社) 日本工芸会 総裁
(社) 日本漆工協会 総裁

■憲仁親王妃久子殿下(高円宮)
(社)日本グラススキー協会 総裁
(社)日本アマチュアオーケストラ連盟 総裁
(社) いけばなインターナショナル 名誉総裁
(財)全日本軟式野球連盟 名誉総裁
(社)全日本アーチェリー連盟 名誉総裁
(社)日本フェンシング協会 名誉総裁
(社)日本水難救済会 名誉総裁
(社)日本ホッケー協会 名誉総裁
(財)日本サッカー協会 名誉総裁
(財)日本スペイン協会 名誉総裁
(財)地域伝統芸能活用センター 名誉総裁
(財)稲盛財団 名誉総裁
(財)日本セーリング連盟 名誉総裁
(社)日本スカッシュ協会 名誉総裁
(社)日本海洋少年団連盟 名誉総裁
日本学生協会基金 名誉総裁
日本アジア協会 名誉総裁
フランス語婦人会 名誉総裁
日本・エジプト協会 名誉総裁
日加協会 名誉総裁
バードライフ・インターナショナル 名誉総裁
(財)国際教育振興会賛助会 名誉会長
日本赤十字社 名誉副総裁
バードライフインターナショナルのレアバード・クラブ 名誉顧問

| comments(0) | trackbacks(1) | 資料 | top↑

朝鮮王家に嫁いだ皇族・梨本宮方子さま

2006.11.24 Friday 23:20
恥ずかしながら、先日「銀のボンボニエール展」を見に行くまで、皇族の方で外国に嫁がれた方がいることを全く存じませんでした。
李王家紋章の入ったボンボニエールを拝見し、説明を読んで初めて知った次第であります。

その時からずっと気になっていた梨本宮方子さま。
ちょうどドラマでやると言うので、見ました。

ちょっとあちらのお国にはもやっとした感情を持っているものですから、ドラマに描かれているような完全なる美談としては受け取れなかったものの、それでもその生き様の一部を垣間見ることが出来たことは良かったです。
最も懸案だった「言葉は通じたのか?!」については、あっけなく解決しましたし。

昭和天皇のお妃候補だったんですね。

梨本宮方子さまについて:

天皇家の人々(神一行著)より
梨本宮家は北白川家とともに「悲劇の宮家」といわれるが、それは長女方子の国際政略結婚にまるわる悲劇といえよう。
1917年(大正6年)秋、守正王が陸軍中将に昇進したころ、宮内大臣から突然、方子と朝鮮王族の王子李垠との結婚話が持ち込まれた。皇族として初めての国際結婚であり、いうまでもなく日韓結合の政略結婚だった。
いうなれば幕末時の公武合体策でとられた皇女和宮と同じ立場であり、韓国内の反日感情を抑えるための人身御供だった
(略)

終戦後、李垠は陸軍中将で軍事参事官だった。夫妻は韓国が独立後、帰国を希望したが李承晩政権に拒否され、やっと帰国が許されたのは1963年(昭和38年)のことだった。そのとき李垠は病魔におかされていて、1970年に亡くなってしまった。方子夫人は夫の死後も韓国にとどまり、ソウルで身体障害者のための福祉活動に献身した。

■Wikipediaよりhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%96%B9%E5%AD%90
李方子(り まさこ、イ・パンジャ、明治34年(1901年)11月4日 - 平成元年(1989年)4月30日)は、李氏朝鮮(大韓帝国)皇太子李垠の妃。

プロフィール
明治34年(1901年)11月4日、皇族梨本宮守正王と伊都子妃の第一王女として生まれる。皇太子裕仁親王(昭和天皇)のお妃候補として名前が取りざたされるが、学習院女子中等科在学中に李王家世子である李垠と婚約。女子学習院高等科卒業後の大正9年(1920年)4月、李垠と結婚。二人の結婚は、日韓併合後のいわゆる「内鮮一体」を目的とする政略結婚であり、婚儀の際にも韓国の愛国者による暗殺未遂事件もあったが、二人の仲は睦まじかった。

方子妃は、自分に課せられた日本と朝鮮の架け橋としての責務を強く自覚し、祖国を離れて日本で暮らす夫君を支えた。大正10年(1921年)、第一王子晋が誕生する。大正11年(1922年)年4月、夫妻は、晋を連れて朝鮮を訪問するが、帰国直前、晋は急逝する。晋の死は急性消化不良と診断されるが、その一方で、日本軍部・朝鮮双方による毒殺説が流布している。昭和6年(1931年)、第二王子玖が誕生する(2005年死去)。

昭和20年(1945年)8月15日の終戦により、王公族の身分を喪失し、一在日韓国人となった李垠は、韓国の初代大統領李承晩により帰国を妨げられ(帰国によって王政復古がなされ自分の地位が脅かされると考えたと言われる)、昭和35年(1960年)、脳梗塞に倒れる。李承晩退陣後の昭和38年(1963年)、朴正熙大統領の計らいで李垠・方子夫妻はようやく帰国を果たす。昭和45年(1970年)、李垠逝去。韓国に帰化した方子は、知的障害児、肢体不自由児の援護活動に取り組み、趣味でもあった七宝焼の特技を生かしソウル七宝研究所設立し、自作の七宝焼で資金を集める傍ら、知的障害児施設の「明暉園」と知的障害養護学校である「慈恵学校」を設立する。

また、終戦後の混乱期に韓国に残留したり、急遽韓国に渡った、さまざまの事情を抱えた日本人妻たちの集まり、在韓日本人婦人会「芙蓉会」の初代名誉会長を勤めた。

平成元年(1989年)4月30日逝去、享年87。葬儀は旧令に従い、韓国皇太子妃の準国葬として執り行われ、日本からは三笠宮崇仁親王・同妃百合子が参列した。後に韓国国民勲章槿賞(勲一等)を追贈された。 2006年11月、フジテレビ系列で「土曜プレミアム-奇跡の夫婦愛物語」として放映された。


参考サイト:
流転の王女(朝鮮王朝最後の皇太子妃)==李 方子(り まさこ/イ・パンジャ)
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/rimasako.htm
念のため魚拓
続きを読む >>

| comments(5) | trackbacks(0) | 資料 | top↑

天皇即位式、江戸時代は庶民の人気行事

2006.11.18 Saturday 21:53
天皇即位式、江戸時代は庶民の人気行事
読売新聞より
http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is61118c.htm
文献・絵図で確認、観覧券発行 「幕府の政策で隔離」覆す
江戸時代、天皇即位式が〈観覧券〉を配って公開され、庶民が多数、詰めかけていたことが、森田登代子・大阪樟蔭女子大学非常勤講師(近世民衆史)の研究で分かった。幕府の政策で民衆から遠ざけられ、存在感が薄かったとする従来の近世天皇像を覆すもので、来週発売される国際日本文化研究センターの共同研究報告書、『公家と武家3』(思文閣出版)に掲載する。

 江戸幕府は、朝廷を統制する法令(禁中並公家諸法度)を定めるなど、天皇の力を抑制、管理。“天皇隔離”を強く進め、天皇は庶民から引き離され隠された存在、と解釈されてきた。

 森田講師は、近世京都で奉行所が高札などの形で出した「町触れ」(告知)2万数千件を集めた『京都町触集成』(京都町触研究会編)の中で天皇即位式前後の内容を集中的に調べた。

 その結果、1735年の桜町天皇即位式前の町触れに、「御即位拝見之儀、此度者切手札を以男ハ御台所門、女者日之御門より入レ候之条」とあり、観覧券に当たる「切手札」を発行し、男女別で御所のどの門から入るかを決めていたと判明した。続く桃園天皇の即位式でも切手札を発行、事故防止のためか「男百人、女弐(二)百人」と制限し、老人、足が弱い人などの観覧を禁じた事実も分かった。

 1779年の光格天皇即位式を描いた『御譲位図式』などの絵図も探し調べたところ、警備の武士とは別に、裃(かみしも)で正装して御所に入る人、子ども、授乳する母親といった絵柄が確認された。森田講師は「民衆にとってごく身近で楽しみな行事だった。江戸時代になって急に公開したのでなく、中世以来の伝統ではないか」と語る。

 笠谷和比古・同センター教授(日本近世史)は、「天皇史を書き換える事実が証明された。“近世、隠された存在だった天皇が明治維新後、民衆の前に躍り出た”とする通説を見直す必要がある」と話している。

(2006年11月18日 読売新聞)


興味深い記事だったので、クリップしておきます。

| comments(0) | trackbacks(0) | 資料 | top↑
 | 1/2P | >>